ウレタン製品はどのような用途に適しているのですか?
弊社のエラストマーウレタンは、特に機械的強度に優れ高荷重、耐摩耗性、耐衝撃性に優れた能力を発揮します。
ウレタンゴムの特性を教えてください。
弊社のウレタンゴムは、プラスチックの硬さとゴムの弾性という相矛盾する性質、性能が一つになった工業用部品です。
ウレタンゴムの硬度とはどのくらいなのでしょうか?
一般的にウレタンゴムの硬度は、80度ショーAから95度ショーAです。我々が取り扱っているのは、65度、80度、90度、95度になります。
ウレタンの種類は用途に応じていくつかあるのですか?
使用状況、使用環境、使用目的によって、例えば同じ90度の硬度のウレタンでもウレタンの種類を使い分けます。詳しくはお気軽にご相談下さい。
どんな小ロットのオーダーにも対応していただけますか?
もちろん、オーダー可能です。小物で小ロット、さらに多品種を得意とします。用途に応じたご要望にきめ細かくお応えできることがウレタンの特性であり、また、弊社の技術の強みであると自負しております。
摩耗したウレタンを張り替えることはできるのですか?
擦り減ったり、破壊されたウレタン部分を張り替えることができます。鉄やアルミ製の芯金部分はそのまま再利用できますので、コストはウレタン樹脂の張り替え費用のみで抑えられます。
どのような製品にもウレタン加工は可能ですか?
弊社ではすべて型を使用してウレタンを注型しております。よって、電子機器部品のような極めて小さい製品製造は難しいです。
どのような素材にもウレタンは適していますか?
電気炉内に摂氏120度の温度で6時間以上加熱するため、その温度と時間に耐えられる素材でないとウレタン焼付けは出来ません。例えば、鉄やアルミは問題ありませんが、プラスチックは種類によって変形する場合があります。
どのくらいの大きさまでのオーダーが可能ですか?
設備機器の大きさの許容範囲により、縦、横いずれも1メートルを越えるものは製造出来ません。
ウレタン製品はどのような環境でも活躍できるのですか?
弊社のウレタン使用推奨環境温度は摂氏マイナス10度からプラス80度の範囲です。
Copyright © TKS INDUSTRIAL CO., LTD. All Rights Reserved.